PPG Industries: Bringing innovation to the surface
Menu
Print |

FAQs

よくある質問 - 日本語

   

目次

 
 

贈賄と腐敗

Q. PPGのある特定の製品を特定国へ輸出する場合は、ライセンスが必要となります。輸出許可を取得するにあたって、仲介業者/委託業者に手数料を支払うことに問題ありませんか?


 
A. 手数料が契約に基づくもの、またはサービスで決められているのであれば、PPGへ届く請求書に明細が記載されていると思われます。しかし、仲介業者/委託業者が追加の金額を直接彼らに支払うように要求してきた場合、その支払には応じず、その事をPPGの法務担当者に連絡してください。

慈善団体への寄付

Q. PPGの顧客からPPGにチャリティイベント・ディナーのスポンサーになってほしいと依頼されました。また、顧客から度々PPGが主催するチャリティイベントでPPG の製品を寄贈して欲しいという依頼を受けることがあります。このような慈善活動に寄与してもいいでしょうか?

A. 合法的な慈善団体への寄付は特定の状況下では認められています。ただし、いくつかの点において、考慮が必要です。

  • 慈善団体が、その国の法律および税法に適合していて、その団体の調査および承認を受ける必要があります。
  • 慈善活動の使命、および寄付の目的がPPGの価値に合致することが必要です。 
  • 寄付の金額は、合理的かつ慣習に沿ったものであるべきです。
  • 同じ慈善団体への寄付は、通常、12か月に1回を超えない頻度とします。
  • 顧客または関係の深い人が、寄付による個人的な利益を得ないこととします。

金品を寄付する場合、PPGが理解している寄付の目的に関する簡潔なメモ/ 書簡を記載または提出することとします。

質問があれば、該当地域の「コンプライアンス」担当者にお尋ねください

外部の当事者とのコミュニケーション

Q. PPG の ソーシャルメディア方針とは? A. 方針を dこちらにてお読みください。

機密および非公開情報

Q. 客先に出張するのですが、ミーティングで使う価格表を印刷する必要があります。そこで、価格表を自分の個人のメールへ送信し、滞在先ホテルのビジネスセンターにあるPCにアクセスして価格表を印刷しました。これらの行為には何か問題がありますか?                                                                                                                                        

A. 価格表を個人のEメールやホテルのEメールに送信して印刷するべきではありません。非公開情報は自身のPPGコンピュータ以外には保管してはいけません。当社は、非PPG コンピュータから各自のPPG アカウントにログインする安全な手順を導入しており、ホテルのビジネスセンターから遠隔アクセスのオプションにて自分のPPG アカウントにサインオンして価格表を印刷することができます。

印刷された価格表は非公開情報であり、不正なアクセスや、誤って紛失したり、開示されないようにするべきです。  

Q. 私は複数の同僚と生産フロアにある1台のコンピュータを共有しています。私たちは各自がPPG のログインID を使用していますが、ある従業員が別の従業員に彼のログインID とパスワードを教えているのを目撃しました。このことを報告すべきですか?


 
A. はい。従業員はログインID とパスワードを他の人と共有してはなりません。
Q. ビジネスパートナーからと思われるEメールアドレスが届き、顧客情報を要請する旨の内容が記載されていました。確認したところ、ビジネスパートナーからのEメールではないことが判明しました。どうすべきでしょうか?

A. 知らない送信者、奇妙なメールアドレス、あるいはソーシャルメディアのアドレスからのメールの開封と返信に関しては注意が必要であり、特に非公開情報を求められた場合には用心してください。もしかするとフィッシング詐欺かもしれません。フィッシング詐欺というのは一見すると正当な会社(この場合はビジネスパートナー、また、あなたのインターネットサービスのプロバイダーや取引銀行など)、あるいは知り合い(会社の上級リーダー、人事や財務部門の同僚)からのメールを装った詐欺のメール・メッセージです。

メールアドレスの真正性について懸念がある場合は、該当地域のIT セキュリティチームまたは監督者に支援を求めてください。ビジネスパートナーの事業所の正当な連絡窓口を知っている場合は、情報の要請があったことを直接連絡してください。


 

データ保護

Q. 機密データ取り扱い方針とは?

A. 方針を こちらにてお読みください。

.

 

Q.イベントに参加した人にお礼を言うために、参加者の一覧を提出するようにマネージャーから頼まれました。電話番号、住所、緊急連絡先が記載されたスプレッドシートを送信するのは全く問題ありませんか?


 

A. いいえ、「個人情報」が記載されたスプレッドシートは共有すべきではありません。該当のマネージャーが職務を遂行するうえで必要な最小限の情報のみを共有すべきであり、この場合は氏名とPPG のEメールアドレスが該当します。

贈答、接待、食事、旅行

Q. 米国における、 PPGの米国公共セクター(政府)職員に対する贈答、接待、食事、旅行方針とは?

A. 方針を こちらにてお読みください。

Q. PPGはある取引先としており、私はそのベンダーとの窓口となっています。私はベンダーからランチに誘われ、有名なアーティストのコンサートチケット2枚差し上げるといわれました。ベンダーは私と一緒にコンサートには行きません。ランチに応じてチケットを受領することは可能ですか?

A. ベンダーとランチに行くのには問題はありませんが、コンサートのチケットが最小限度の価値を上回る(US$25 相当額を超過する)場合、チケットを受領すべきではありません。個人的に行った親切行為がベンダーの選択に影響を与えた、もしくは将来の意思決定に不当に影響が及ぶと見なされる場合があります。チケットをくれるというベンダーの厚意に謝意を示しつつ、受領するのはPPG 方針に反することを伝えてください。  
  1. Q. サプライヤーのイベントに参加し抽選でiPad が当たりました。受け取ることは可能ですか?

A. 状況によります。抽選が明らかに無作為で行われ(あなたが当選するように意図された設定ではない)、あなたがサプライヤーとの新規または継続中のビジネスに影響を及ぼす立場にない場合、そしてあなたの監督者が承認するなら、iPad を貰うことが許されるでしょう。  賞品の価額によっては、 税務上の責任の有無を考慮する必要があります。

前述を考慮したうえで賞品を貰う場合、そしてこのサプライヤーと今後ビジネスをする機会がある時は、監督者や該当地域のコンプライアンス代表者に相談してください。

質問がある場合は、該当地域のPPG コンプライアンス代表者にいつでもお尋ねください。

 

 


 
Q. 私の部門は第三者のコンサルタントに定期的にプロジェクトの作業支援の依頼をしています。私の部門の社員は、コンサルタントに地域のスポーツ大会に招待されました。コンサルタントとともにイベントに参加することは可能ですか?

A. いくつかの点において、考慮が必要です。自問してください:

  • 招待を受けたあなたや同僚たちは、プロジェクトのためにそのコンサルタントの雇用を継続するかどうかの決断に影響を与える立場にありますか?
  • あなたやその他の人は過去12か月以内に、そのコンサルタントから類似イベントへの接待を受けましたか?
  • チケットの価額は?

贈答の結果、将来のビジネスがそのコンサルタントに与えられようにあなたが影響力を行使したと合理的に人が判断する場合、チケットを受領すべきではありません。質問があれば、該当地域の「コンプライアンス」代表者にお尋ねください。


 

Q. 私の部門は重要な顧客を地元のスポーツ大会に招待しようと考えています。私たちも顧客ともにイベントに参加します。これは事前の承認を必要とする贈答に相当するのでしょうか?

A. あなたが顧客とともにイベントに参加するのであれば、これは贈答ではなく接待と見なされます。接待は贈答の事前承認規則の対象外ではありますが、直接の監督者による事前の承認が必要です。地域の贈答、旅行、経費および購買の方針と手順を確認したうえでチケットを購入してください。

インサイダー取引

Q. 自分の良き友人である、ABC Company のサプライヤーの代表者から、ABC Company がPPG から大きな契約を取り付けたと聞かされました。正式発表はまだ行われてはいませんが、私はABC Company の株式を購入することはできますか?

A. いいえ。ABC Company は米国の公開取引会社であることから、非公開情報に基づく取引であると見なされ、それはPPG 方針および連邦証券法の違反となります。

会社の資産の保護

Q. 私は(スーパーマーケット、ガソリンスタンド、ドラッグストアにて)個人の買い物に会社のクレジットカードを使う際、「個人用」の買い物であることを明記し、払い戻しは受けてはいません。こうした行為は許容されますか?

A. いいえ、個人の用途で「会社の」クレジットカードを使ってはいけません。PPGの方針では許可されていません。カードに請求される金額はビジネス用途のみとします。
Q. 私は毎月最大US$500相当の車の走行距離を申告することができます。今月の走行距離はUS$300相当でした。個人用途のガソリン代US$200を会社の支出扱いできますか?    A. いいえ、個人用途のガソリン代を会社用の走行距離扱いとして支出することはできません。PPGの方針下は、実際のビジネスでの支出のみが申告され、払い戻し可能とされています。

貿易規制への準拠

Q. 輸出コンプライアンスの「レッドフラグ(警告)」とは? A. 特定の状況(「レッドフラグ(警告)」とは、輸出品が不適切な最終使用、エンドユーザー、もしくは目的地に渡ることを指しています。「レッドフラグ(警告)」の主な事例:
  • 顧客または購買代理人が最終使用に関する情報を供与するのに消極的であったり、ビジネスや製品についての知識がほとんどなかったり、もしくは曖昧である。
  • 製品の能力が顧客のビジネスまたは該当国の能力に適合しない。
  • 顧客が現金もしくは製品に対して価格以上の支払を申し出る。
  • 通常行う設置や、トレーニング、保守管理を拒否する。
  • 普通ではない出荷ルートや手順を要求する。
  • パッケージングが出荷方法または最終目的先と適合しない。

政府との協調

Q. 中国政府はPPGのことを税金の支払いを迅速に行う会社であると認識しています。中国政府は現地のPPGの施設にイミテーションのクリスタルの馬の記念品と謝意の手紙を送りました。これらを保管して展示するのは問題がありませんか?


 
A. こうした贈答は機会や時期に適したものであることから、贈答品と手紙をPPGの施設内に保管および展示することは可能です。

Q. PPGでの私の職務において選出または任命された役人と会う場合、役人とのコミュニケーションは全てロビー活動と捉えられてしまいますか? 


 

A. 必ずしもそうとは限りません。ロビー活動には大まかな定義があり、役人に政治活動の要請を直接行うこと、役人を関与させるために研究したり戦略を練る、ならびに事業者団体や別の会社といった第三者と協調することなどが含まれます。ロビー活動は厳重に規制されており、そうした活動を企画する場合、該当地域の「政府業務」代表者に相談する必要があります。 

 

Q. 事務所や施設を尋ねてくれたお礼として贈答品を役人に差し上げるべきでしょうか?

A. 通常、手書きの書簡やEメールでPPGの謝意を伝えるのが適切です。贈答品に関しては、特定の基準が満たされれば許可されますが、場所や状況によって違うため、贈答品の供与は避けるのが賢明でしょう。質問がある場合には該当地域の「政府業務」代表者にお尋ねください。